上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
大好評(!)ヘタリアキャラクターCDシリーズ第3弾です!
これで枢軸国はそろいましたね~。

ヘタリア キャラクターCD Vol.3 日本(CV:高橋広樹)ヘタリア キャラクターCD Vol.3 日本(CV:高橋広樹)
(2009/05/27)
日本(高橋広樹)高橋広樹

商品詳細を見る


ネタばれ注意!!


まずはキャラソンの感想から。
2曲ともやっぱり神曲です~!!
曲や歌詞がキャラや国のことをよく分かってつくられてます!
日本人のせいか(?)特に歌詞に対してものすごく納得してしまいましたww
また、個人的にはそれ以上に歌い方や歌声、そしてモノローグが可愛いとこにツボりましたv
声自体は少し低めだけど、かわいいのっ!!
『恐れ入ります、すみません』は、曲の入り方が「なにかやらかしてくれるなっ?!ww」とすごく期待してしまうw
そして、その期待を裏切らない歌でしたwww
最初のサビからちょっとテンポが変わるのですが、それがまたいいです♪
『日のいずる国 ジパング』は、こちらは曲の入りがカッコイイ!!
でも歌詞はつい笑ってしまう感じで、そのギャップ的なものがいい感じです♪
『恐れ入ります、~』も含めどちらも言葉一つ一つの歌い方がいいのですが、その中でも特に「うんと爺さん」ってあたりがお気に入りですv
あんな可愛いのにwwww(関係ないw

ミニドラマ「イギリスと日本の妖怪文化」は、日本とイギリス、そして途中からアメリカも登場する賑やか、でもちょっとしみじみとしてるいい話になってます。
話は日本が家に帰るとイギリスが遊びに来ていた、というところから始まるのですが、イギリスがいきなりツンデレ攻撃!www
「――じゃなくてな」を2回も言ったww自分の照れ隠しを2回もしたよww
それが非常にツボりましたww
あと、イギリスはうっかり妖怪とか見えてさらには交流とかしてしまったりするわけですが……それは妖精もうっかり見えてしまってるから見えるのか?!!ww
そんなツッコミどころ満載のイギリスに日本は冷静にツッコミを入れてます、心の中で(重要
後半から登場するアメリカに対してもですが、ツッコミが冷静すぎます、日本www(あ、アメリカについてはあしr(ry
それがまたいいんですけどねっ。
あと、個人的にはアメリカとイギリスのやりとりが笑えましたwwいつもどおりすぎwww
日本は時代が変わってしまった、ということを感じさせるちょっと切なめなドラマでしたが、いつもどおり笑いを取りつつだったので、そのバランスがよく、さびしいだけじゃない面白いドラマでした!
それにしても、このキャラCDのミニドラマ、回を重ねるごとにまとまりのある話になっている気がするのは気のせいでしょうか……?

今回も面白かった!この一言に尽きますww
日本のキャラCDではありますが、ミニドラマではイギリスがかなりしゃべっているので、イギリスが好きな方にもぜひ聞いてもらいたいですね~。
私は次回も……というか全部買う気満々です!www
スポンサーサイト

2009.06.01 Mon l ドラマCD感想 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://moelive812.blog114.fc2.com/tb.php/42-39dd6634
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。