上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
3日とこれまた少し前の話ですが、グレラガの映画を見に行ってきましたー!!
なので、その感想を!
「軽く~」と思って書いていたら、ものすごく時間がかかってしまったww


ネタばれ注意!!!



今回の螺巌編では、紅蓮編の続きの螺旋王ロージェノムとの対決から最後までが描かれています。
実は私、TVアニメの方は7年後の途中までしか見ていない(汗)ので、結末を全く知らないまま見たのでどんな展開になるのかすっごくドキドキしながら見ました。

見終わった感想を一言で言うのであれば、

いわゆる「ハッピーエンド」だけが「ベストエンド」じゃないんですね……!

うーん、言い方としてはちょっと違ってるかな?
前作ではカミナが、今作ではキタンそしてニアとの永遠の別れをした大グレン団の人々。
見ていて私は、すごく衝撃的だったし、さびしくて悲しかった。
でも、それだけじゃなかった。それをうまく言えないんだけど……。
すべてを見終わったとき、私の中にあったのはマイナス的な感情だけではなかったです。

今回の映画の中で個人的にものすごく嬉しかったのは最後の最後でカミナが登場したことです!!(嬉
私、この作品のキャラではカミナが1番大好きなのですっごく嬉しかったです!
だって登場したとき、つい心の中で「アニキィィィーーーー!!」って叫びましたもんwww
またこのシーンでは成長したシモンと7年前のままのカミナが会話をするのですが、そのやりとりがすごく好きです。
なんていうかシモンの成長っぷり(心身ともに!)がしみじみと感じることができるというか……。
少しさびしい気もするんだけど、それと同時にほほえましい的なこと(?)を思いました。
今回は7年後の青年期の方がメインなので、それぞれのキャラがどんな風に変わっているのかを見るのもまた楽しかったです♪
ほとんどのキャラが確かに変わっているんだけれども、それでも根本的なところは変わっていなくてなんだかほっとしました。
それにしても、シモンは本当に成長しましたよね!心身ともに!!!
精神的なものはカミナが死んだことに落ち込みそこから復活した時点で大きな成長は遂げていたとは思いますが、7年後には守るものが増えたことでさらに成長を遂げ、本当にたくましくなったなぁ!と思いました!!
正直、ちょっとさびしいんだけどねww

今回は前回より戦闘シーンが多かった気がします(当社比ww
私の中の印象ではひたすら闘ってた気がwww
また、今回の戦闘シーンは舞台が宇宙のせいなのか、それとも7年前よりも技術が発達したせいなのか(ww)、光がものすごかったです!
もう、ひたすら光ってるというかwww
その効果もあってかさらに迫力が増してます!!
ただ、そのせいか見終わったとき、正直ちょっと頭が痛かったです……ううう……(泣

主題歌は今回もしょこたんが担当していたのですが、この歌が本当によかったーー!!
曲がシモンとニアを思わせるような内容になっているのですが、それがすごく伝わってきまして!!
この曲はシモンがニアと永遠の別れをした直後のテロップの時に流れるので、感極まってちょっと泣きましたよ!!(真剣
そのため、歌詞がいい意味で少し重めなんだけど、でもそれだけじゃなくて曲としょこたんの歌声の効果で聞きやすい曲になっていると思います。
しょこたんが歌うグレラガ関連の楽曲って、ものすごく歌詞が気合入ってるっていう感じがするくらい作品とマッチしていて、そこに曲やしょこたんの歌声が入ってきて、グレラガのためにつくられたようないい曲ばかりで好きなんですよ。
今回の曲も大好きになりましたv

EDのテロップの後、青年期からさらに時がたった壮年期まで描いたので、この物語はおそらく終わりなんだろうと思います。
そう思うと本当にさびしいです。
この作品は確かに辛い展開もけっこうあったけれど、でもその辛い展開ですらそれだけではなくて、みんなとても大きな大切なことを残してくれて、見ているこちらの心にもものすごく刺さりました。
紅蓮編と螺巌編の2作の映画を通して見て、本当に気持ちのいい作品だったと思います!
スポンサーサイト

2009.05.06 Wed l その他感想 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://moelive812.blog114.fc2.com/tb.php/31-4f4bee96
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。