上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
25日と少し前なのですが、ムント劇場版とその舞台挨拶を見に京都まで遠征してきました~!
この映画、東京と京都のみ上演だったので、「せっかくなら舞台挨拶の日に行こう!」と思い、私の使える限りの手段を使って行ってきましたww(ぇ
ただ、私でもまだ甘かった(汗
実家(最寄駅に京都行きの夜行バスの運行あり)に帰って、そこから夜行バスに乗って朝一(5:40頃)で会場に着いたにもかかわらず、座席券ギリギリ(80番代)でした(滝汗
もう徹夜組が本当に多くって!
ちなみに、今住んでるところからは距離的に夜行バスの運行がないため、前乗りでもしない限り映画すら見れませんでした(もちろんそんなお金も時間もない・泣
ここまでくると、ホント恐怖を感じたよwww

※カテゴリはイベント感想になってますが、どちらかと言えば映画感想の方がメインになってしまいました。ご了承ください。

微妙なネタばれ&内容にちょっとばかし注意をっ!www





京都での舞台挨拶は、は映画上映→舞台挨拶の順に進みました。
実はこの数日前に体調を崩し治りきらず不完全な状態どころかおそらく最悪の状態で行ってしまったのですが、入場してからはなぜかものすごく調子が良かったですww(ぇ
それくらいよかったということです♪(待て

まずは映画感想。
この映画は、ムントのTVシリーズ「空を見上げる少女の瞳に映る世界」の第6話後半から最終話までを基に新作カット追加等されているスペシャルエディションでした。
私はTVシリーズの方も一応見ていたのですが、正直なところ話を理解できずに終了しておりまして(ぇ
だって、この話とっても難しいんだもん!!(誰ww
そんなわけで見に行くと決めたものの多少の不安を覚えつつ見に行ってきたのですが、
大変わかりやすくなっていて、とってもよかったです!!
見るのがTVシリーズに続き2回目、ということもあるかもしれませんがww
それでも、非常にきれいにまとまっていたのではないかと思います。
ただ、第6話後半からのため、最初、いきなり何が起こったのかとびっくりしましたwww
この映画から見た人はもっとびっくりだよwwwww
せっかくなら前半部分も入れてくれればよかったのに~なんて思ってしまいました。まあ、TVシリーズの前半部分から入れたらさらに省略されちゃうから、そうしたらよけい分からなくなりそうな気もするのですが(汗

そんなわけで、結構余裕をもって見ることができました!
そのためか絵や音楽の素晴らしさにも気づくことができました!!
絵はめちゃくちゃきれいな上に安定しているし、音楽も作品にとてもよくあっていて、壮大さを感じました!!
TVシリーズの時は話を理解するのに精いっぱいでそこまで頭が回らなかったので、かなり惜しいことをしてしまいました(汗
この作品は繰り返し見ることで味が出てくるのではないかと思います。

この作品ってとにかくスケールが壮大でそこから生み出された話やキャラたちってとても奥が深くて、とらえかたによっては難しいと思うんです。
でも、この作品で言いたいことっていうのは、“心”のことという人が共に生きていく上では必要不可欠なものという比較的分かりやすいものだと思うんです。
今書いたように言葉で言うだけ、思い描くだけならば、単純でわかりやすいと思うのですが、実際はとても難しいことだと思うんです。
この作品はそれをよくあらわしているのかなぁと。
でも、こうしてこの作品を見たことで、それらのことはいくら難しくても、人には絶対忘れてはいけない想いがあり、そして大切にして生きていかなければならないのかなぁと思いました。
この作品は本当に奥が深い、というかやっぱり難しいなぁww
とにかく、私自身の中には忘れてはいけないことを改めて認識させてくれました。
なんだか、良く分からないことになってしまっていてすみません(ペコリ
ホント、どう書いていいのか分からないんですよ(滝汗

とにかく、遠征してでも見に行ってよかったです!
東京と京都の2会場のみなのが、本当に惜しいと思います。
この作品は確かに難しいし好き嫌いが激しく分かれる作品ではあると思いますが、ぜひ上映会場の近くにお住まいであれば、一見の価値はあるのではないかと思います。
また新作カットもあるので、TVシリーズを見て好きだったという方にもオススメしたいですねっ。

それにしても、この作品ってかなり前からあったんですね、知らなかった(滝汗


映画上映終了後は舞台挨拶。
どこまで触れていいのかちょっと怪しいので、軽く書きますねww
今回の舞台挨拶はキャストとスタッフ合わせて全部で10名。(多いのでお名前は省略します。
そんな感じで多いにもかかわらず、映画館のキャパ自体が100ほどととても小さい映画館だったので入った瞬間「あの狭い場所に全員入れるのかよ?!」と正直思いましたwwまあ、そこはそんなに問題なくw
それよりも別の点で問題がwww
皆さん、登場したときにはお酒が入っておりましたwwwww(監督さんとキャラデザさんは飲んでなかったようですが
話を聞く限り、皆さんを見る限りでは、しかも結構いい量みたいでww
皆さんのそうそう見られない貴重な一面が見れたので、ラッキーなんてつい思ってしまいましたw
飲んでいたという割にはおのでぃ、普段聞いてるトークとあんまり変わらなかった気がするのですが……!(いつもより落ち着いていて、Sっ気が入ってたような気もしたのですがw)
やはりお酒は強いんですね~www
それにしても今回、私にしては珍しくおのでぃ以外は直接見るのは全員初めてなのですがww初がこれでいいのかwwwww
また、他にも今回の舞台挨拶では思わぬ嬉しい事態が!
なんと関係者席に今回の舞台挨拶では予定されていなかった松元さんと水原さんがいたのですよ~!
これには本当にびっくりしました~!!
このお二人も一言コメントをしていたので、聞けてこれまたラッキー☆
舞台挨拶の内容はムントについて一人づつコメントをするという形で進んでいったのですが、これがもうなんだかぐだぐだ気味でwww
皆さんテンションがいい感じで、めちゃくちゃ笑った~www
個人的には今野さんのコメントがとても印象に残ってます。
私の場合、今野さんの印象って孫ラジで定着しちゃってる節があるので、今回の舞台挨拶では1番がっつりとコメントをしていたのがちょっと意外でww(ファンの方ごめんなさい・汗
しかもそのコメントが偶然私の心にとても響いたのですよ!もう、とにかく共感したというか!!
なんだかいろんな意味で感動を覚えましたwww
あと、若本さんがマジかっけーーーーーー!wwwww
コメントを聞けた以外にも会場が一体となれるような(?!)コール&レスポンスもやり、すごく楽しかったです♪
終始笑いの絶えない、とても楽しい舞台挨拶でした!!


映画も舞台挨拶も、いろいろな無茶をしてでも見に行ってきて、本当によかったです!!
というか、当日の状況を考えると、見ることが出来て本当によかったよ……!(号泣
この作品は最初難しいという気持ちが先行してしまっていたのですが、こうして根気よく(ww)劇場版まで見終わり、大切で忘れてはいけないことを思い出させてくれました。
この作品に触れることができてよかったです。
今は感謝の気持ちでいっぱいです。
スポンサーサイト

2009.04.30 Thu l イベント感想 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://moelive812.blog114.fc2.com/tb.php/30-5bedc150
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。