上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
聞いたり見たり書いたりするのに時間がかかってしまったため、発売日翌日の感想アップとなりましたが、今回はきちんと当日ゲットしてます。
というか、年明けにすでに予約済みでゲットしましたww
ただ、めいとがかなり遠いにもかかわらず、特典を期待してめいとで予約してしまっていたバカ者ですが、何かw
そんななので、週末にでも取りに行こうかと思ったのですが、待ち切れず結局当日ゲットwしかも、かなり無理をしてしまいましたww
実家にいたころは実家最寄りのめいとまで徒歩圏内だったので、当日ゲットというかフラゲをよくやった(つーか週に何回通ったかw)のですが、下調べ不十分のまま(失笑)今の場所に引っ越してきてからはそういうことをまずしなくなりました。
そう思うと、こういう状況で当日ゲットした私はそうとうおのでぃ好き……?ww

あ、もちろん初回盤を購入です!

風花(初回限定盤)(DVD付)風花(初回限定盤)(DVD付)
(2009/02/25)
小野大輔

商品詳細を見る


かなりの長文につき注意!!


初回盤はDVD付きの2枚組、スリーブ仕様となっております。
スリーブなのですが、いやはや相変わらずさわやかハンサムさんです!
中のジャケットやブックレットも素敵で!
なんだか「もうすぐ春」というようなことを思わせるような作りになっていてとてもさわやかな感じでした。
おのでぃかっこいいvめっちゃハンサムvv

CD
これまでに出たCDに収録されている曲も含め全部で全10曲。
最初は比較的明るめな曲やほのぼのとした曲から入り、途中、シリアスな曲が入り、スピカと「ありがとう」。
最初は普通に聞いてたのですが、「ダイヤモンドダスト」→「雨音」とシリアス系が続いたときにはかなりやばかった。マジで泣くかと思った。
それにしても、なんで「だいすき」が入らなかったのか大変よくわかりましたw
あの曲、このアルバムには入れちゃだめだwww
1曲1曲が個性はもちろんちゃんとストーリー性を持っていて、それぞれの曲を主題歌にしたお話ができてしまいそうだと思ってしまいました。
ここからは曲ごとに感想を。

・春空
雑誌のインタビューに書いてあった「東京で夢やぶれた男が故郷に帰ってきて、昔通っていた学校に足を向ける」というシチュエーションでPVがつくられたという意味が大変よくわかりました。
確かにそんなイメージかも!
私は食べ物の好き嫌いはほとんどないくせに、季節や曲の好き嫌い的のものは激しいのですが、おのでぃの曲だと苦手な手の曲でもすんなり聞けてしまいます。
個人的に春がどうしても好きになれなくて、春をイメージさせる曲ですら苦手なのですが、この曲は、素直に「いいなあ」って思います。なんだか元気がもらえて、「もう少し頑張ろう!」って思えます!

・ノスタルジア
ひねもすにも収録されてて、なんだか「初恋」を思わせるような曲ですね。
曲調は明るいですが、歌詞はちょっと切ない、というか甘酸っぱい感じがします。
そんな曲と歌詞がおのでぃの歌声にとてもマッチしてて好きです♪

・プリズム
シングル「雨音」に収録されてる中では、実は1番好きな曲です(ぇ
「雨音」も大好きなのですが、あまりにも切なすぎて何回もリピートできないので……(汗
そういう意味では、この曲はとっても聞きやすくて(笑
曲も歌詞も前向きな感じですしね~。
なんだかアニメの主題歌とかになりそうな曲だと思うのは私だけでしょうか?w

・宙~そら~
「真夏のスピカ」収録曲。
まさに「青春」を感じさせる曲だと思います。
私は青春の「せ」の字も感じさせない中高時代だったので、「こういう青春時代だったらよかったのに」とつい思ってしまいましたww
こんなロマンチックなことってそうそうないとは思いますが、夢見るくらいはタダですよね?ww

・シアワセナリス
「ひねもす」収録曲。
この曲ってかなり甘々ですよね!
でもってなんだかほのぼのとさせる曲です。
歌詞に出てくる人に、「2人とも幸せになってくれ!」って思わず思ってしまった曲です。

・リアルのない世界
サビの部分は先行配信で聞いてたのですが、曲の始まりがとても新鮮でした!こう来るとは思ってなかった!
高校生かもう少し大人の男性を主人公とした現代ものの作品かなんかのEDになりそうな曲ですね。
あ、妄想してすみませんww
この曲は今回のアルバムの中でもかなり3本指に入ってしまうくらい気に入ってますv
この曲自体が、「恋」だの「愛」だのを歌ってない曲なので、というのもあるかもしれませんがw(そういう曲の方が個人的にはとても好きなのでw

・ダイヤモンドダスト
ヒュウガのキャラソン「凛華の如く」のリメイクバージョン。
とはいっても、「雨音」が出る前からこの曲自体は出来上がってたようですが。
私、最初に発表されてた「凛華の如く」がものすごく大好きでして!
ヒュウガのキャラソンの中でも、ヒュウガにしては珍しくアンジェと共に歩んでいけるようなイメージの曲で、ヒュウガの心境の変化が見られる曲だったので、とても気に入ってたんですよ。
なので、今回どんな曲になるのかとっても期待してた曲です。下手すると、今回のアルバムの中で1番気になってたw
歌詞を変えるだけで、こんなにもイメージが変わるんですね……!(驚
曲も確かに少し変ってはいましたが、それよりも歌詞の方が衝撃的でした。
また、おのでぃの歌い方が曲全体のイメージによって変えてあるのもとても印象的でした。
今回の「ダイヤモンドダスト」は確かに「昼ドラ」的なものをイメージさせますね。
確かに昼ドラの主題歌や挿入歌的なものでもいけそうな曲だわ。特に曲の最初が!!
そこから何か世界が広がってく感じがします(笑
深夜枠アニメで重い感じの恋愛を扱ったアニメでもいけるんじゃないだろうか……?
あ、妄想が出すぎてすみませんw

・雨音
先ほども少し書きましたが、この曲、シングルで出たころから大好きな曲ではあるのですが、「恋人の死」をはっきり連想させる歌詞や曲、そしておのでぃの歌い方があまりにも切なすぎて、最初に聞いた時は思わず泣いてしまい、シングル発売当時は何回も何回も聞くことができませんでした。
大好きな曲なのにリピートできないという、とんでもない矛盾。
今はさすがにそんなことはないですが、それでもやっぱり泣きそうになることがありますね。
このシングルCDの時にはイベントも参加できたので、その時のトークなどを思い出すとさらに深く考えながら聞いてしまう、そんな大好きな曲です。

・真夏のスピカ
このままシリアスな曲が続いたらどうしようかと思いました。そんなことになったら真面目な話、耐えきれないですよ!(汗
歌詞を見ると「過去」を振り返ってたりするためかちょっと切ない感じがするのですが、それと同時に「前向き」な気持ちを感じさせる歌詞で、それをテンポのいい曲がサポートしていてとてもバランスのいい曲だと思います。

・「ありがとう」
これまでの曲の多くは「恋愛」に関する曲を歌っていたと思うのですが、この曲はそういうのとは全く違い、恋人とは違う「大切な人」への「ありがとう」を歌った曲みたいですね。
これまでおのでぃが歌ってきた曲の中にはないイメージがする曲だと思い、こういうのもいいですね。
あと「ありがとう」という言葉の大切さみたいなものをとても感じました。
私の場合100km離れてるか離れてないかくらい近い場所に実家がありますが、それでもちょっとばかし実家に帰りたくなりました、良い報告はまったくないけどw


あまりにも長くなったので2回に分けます。
DVD編に続く!!
スポンサーサイト

2009.02.26 Thu l CD感想 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://moelive812.blog114.fc2.com/tb.php/14-1fca9b4e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。